無料のLINE公式で情報を受け取る

2022年2月|ニュース速報

どうも、まとめ先生です!

こちらは、2022年1月のニュース速報になります。

▼最新のニュース速報はこちらをご確認ください。

スポンサーリンク

2022年2月|ニュース速報

2月24日

EUがビットコインを全面禁止へ

2025年からビットコインが禁止へ。

今回の規制は、PoWを使う暗号資産が対象なのでPoSならOKかと。

プーチン大統領が、ウクライナへの侵略を命じた

既にウクライナ首都で大爆発が起きているとの情報も。

これにより、暗号資産が全面的に下落。

Krakenが、新規上場銘柄を発表へ

暗号通貨取引所Krakenが、以下の銘柄の新規上場を発表した。

  • Songbird (SGB)
  • TerraUSD(UST)


>>オススメ取引所ランキングはこちら

米コインベースが、『ALICE』を新規上場へ

米暗号資産取引所コインベースが、以下の銘柄の新規上場を発表した。

  • ALICE

取引ペアは、ALICE / USD、ALICE / USDT、ALICE / EUR。


>>オススメ取引所ランキングはこちら

2月21日

OpenSeaでフィッシング詐欺。3億円相当のNFTが流出か

NFTのマーケットプレイスOpenSeaにて、フィッシング詐欺が発生したと発表。

計32のユーザーアカウントから総額3億円以上(300万ドル)相当のNFTが不正流出したという。

OpenSeaを装ったメールなどのURLは絶対に触れないようにしましょう。


▼短期間で40体以上売れている私達のNFT作品はこちら

※EXILEの関口メンディー氏にクリプトヤンキーを0.1ETHでリスト(出品)して頂き翌日には即売れするという二次流通も発生しました。

>>OpenSeaで見てみる

>>クリプトヤンキーTwitter

2月18日

バイデン大統領が来週にも暗号資産規制の大統領令発表か

ヤフーファイナンスなどのメディアによると

アメリカのバイデン大統領が発令すると噂されていた、暗号資産の規制に関する大統領令の件について来週発表すると報道された。

ウクライナ情勢が緊迫化する中で、更にこの報道を受け主要な暗号資産が下落。

出典:Twitter

その後、否定されたとされているが何が事実なのかは不明。

出典:Twitter

>>記事:暴落に備え安全に資産価値を維持する方法

>>Bybit(バイビット)なら、上昇・下落で利益が取れる!

暗号資産取引所GMOコインがXYM(シンボル)のステーキングを開始

国内暗号資産取引所のGMOコインが、『XYM(シンボル)』のステーキングサービスを国内で初めて開始することを発表した。

2月24日よりXYMのステーキングサービスが開始されるとのこと。

出典:Twitter

海外取引所でXYMのステーキングを始めるなら高年利なBybit(バイビット)がオススメです!

>>[記事]Bybitのメリット・デメリット・詳細

Bybitがレッドブル・レーシングとスポンサー提携を発表

暗号資産取引所Bybit(バイビット)とレッドブル・レーシングがスポンサー契約を締結したことを発表した。

今後は、暗号資産に関する教育活動、レッドブルのファントークンの発行などをサポートすることになった。

具体的な金額は不明なままですが、暗号資産関連企業でのスポーツチームのスポンサーとして、最多な契約金額であるとレッドブル側が説明した。

スポンサーとしてBybitのロゴをレーシングカーに掲載したり、多方面で協力するという話だ。

今のうちからBybitの口座開設はしておきたいところ。


▼当ブログ限定|最大3,500ドルGET!初回入金キャンペーン中。

※3,000ドルと表示されますが問題ありません。

>>[記事]Bybitのメリット・デメリット・詳細

2月17日

Twitterがイーサリアムの投げ銭機能を開放

これまでTwitterではビットコイン(BTC)の投げ銭の設定ができたが、イーサリアム(ETH)も対応したことを発表した。

投げ銭の設定はスマホのプロフィール編集からできます。

豪州オンライン証券が暗号資産の取引を提供へ

オーストラリアの証券取引プラットフォーム『SelfWealth』は、暗号資産取引所BTC Marketsと提携して、暗号資産取引の提供をすることを発表した。

2月15日

BlockFiが米SECと115億円で和解へ

米証券取引委員会(SEC)が14日、大手暗号資産貸借サービスプラットフォームであるBlockFiに対して1億ドル(約115億円)の罰金を科したと発表。

また、同社が暗号資産の有利子口座のサービスについて、SECに登録する予定であることも明かした。

2月14日

ロビンフットが暗号資産主導のグローバル展開を検討

米大手投資アプリ『ロビンフッド』が、CNBCとのインタビューで暗号資産の戦略を主導にしたグローバル展開を検討していることを明かした。

2月10日

BITPOINT PROで『ADA』の取り扱いを開始

国内暗号資産取引所BITPOINTの板取引に『ADA』の取り扱いが開始しました。

▼口座開設するだけで、3,000円相当のDEP(ディープコイン)がもらえます!

2月9日

アルファロメオがNFTを活用へ

イタリアの高級自動車メーカー『アルファロメオ』が、NFT(非代替性トークン)を利用して、新型モデルのメンテナンス記録などを追跡/保存機能を発表した。


▼短期間で40体以上売れている私達のNFT作品はこちら

>>OpenSeaで見てみる

Bitfinexの流出ビットコイン、米司法省が4,150億円相当を押収

米司法省が、暗号資産取引所Bitfinexからのハッキングで不正流出したビットコインの9万4,000BTC(4,150億円相当)を押収したことを発表。

2月8日

バイナンスが、3銘柄を新規上場へ

米暗号資産取引所バイナンスが、以下の銘柄の新規上場を発表した。

  • WOO Network(WOO)

取引開始は2月8日の15時半からとのこと。

取引ペアは『WOO / BNB、WOO / BTC、WOO / BUSD、WOO / USDT』の4ペアで開始。

米コインベースが、『UPI』を新規上場へ

米暗号資産取引所コインベースが、以下の銘柄の新規上場を発表した。

  • UPI

>>オススメ取引所ランキングはこちら

2月7日

Meter Passportでハッキング発生!

イーサリアムサイドチェーンブリッジ『Meter Passport』でハッキングが発生した。

被害額は日本円で5億円相当。

2月3日

Wormholeでハッキング発生!被害は369億円相当!?

イーサリアムとSolanaを架橋するクロスチェーンプロトコルWormholeにてハッキングが発生した。

被害額は日本円で369億円相当のWETHが流出したとTheBlockが報道。

DeFiプロトコルからの流出では過去最大規模だという。

米コインベースが、3銘柄を新規上場へ

米暗号資産取引所コインベースが、以下の銘柄の新規上場を発表した。

  • AVT
  • RNDR
  • QSP

>>オススメ取引所ランキングはこちら

こちらの記事も要チェック

2月2日

エルサルバドル、IMFの法定通貨からビットコインを削除する要請を拒否

エルサルバドルの財務相であるアレハンドロ セラヤ氏が、IMFの『ビットコインを法定通貨から外すべき!』という勧告に対し、拒否して引き続き法定通貨とするという発言を地元のテレビ番組で行った。

2月1日

米コインベースが、ソラナ系の2銘柄を新規上場へ

米暗号資産取引所コインベースが、以下の銘柄の新規上場を発表した。

  • FIDA
  • ORCA

タイ当局、暗号資産取引に対する15%源泉課税案を取り下げ

同国のトレーダーからの反発を受けたことで、タイ当局は暗号通貨取引に対して15%の源泉徴収課税を行う計画を取り下げた。


スポンサーリンク
記事が良かったらシェアお願い致します!
まとめ先生をフォローする
まとめ先生の寺子屋
タイトルとURLをコピーしました