[ 最新の暗号資産情報を受け取る ]

Electrumプロジェクト ホルダーに事業収益の分配へ

プレスリリース[PR]

※本ページはPRが含まれている場合があります。

Electrumプロジェクトが、従来のElectrumホルダーに対して事業収益の分配する仕組みをリリースしました。

また、それに伴い専用ウォレットが2023年3月1日までにリリース予定です。

Electrumプロジェクトについて 

Electrumとは、ドバイに拠点を置くWeb3.0関連事業を手掛けるBitsmith DMCC社(以下Bitsmith社)が香港のWeb3スタートアップであるL&Digital社から買収したデジタルアート作品です。

すでに1000万ドル(13億円)の資金調達を終え、現在では1日に15万ドルから20万ドルほどの取引があります。

Bitsmith社は、Electrumを管理し、ホルダーに対して事業収益の分配を年利5~10%で配当する仕組みになります。

具体的な事業収益には、以下のようなものがあります。

  • TJay Housing Real Estate社の不動産
  • TJay Housing Real Estate社の土地販売事業
  • TJay Housing Real Estate社のエリア開発事業
  • TJay Housing Real Estate社のライセンス販売事業
  • Dragonix General Trading社の輸入輸出事業
  • NFT-Technologies社とBitsmith Crypto Trading社のWeb3事業

Electrumは、Bank of Lydiaから購入することが可能です。

Bank of Lydiaは世界有数の暗号資産取引所Bitget』とパートナーシップを結び業務提携する事も発表しています。

Electrumは、180日ごとに総枚数の18%を買い戻し、または焼却することで表示価格が10%ずつ、4年間上がります。

現在は、既に$1から$1.012まで価格が上がっています。

今後、4年ごとに市場 や事業状況を調査して更新するかどうかを決めます。

これによって、キャタピルゲインやインカムゲインを期待することができます。

本プロジェクトの運営会社はUAEに所在する企業グループの傘下にあるため、いずれはドバイ特有のハイクラスなサービスが受けられる予定です。

180日ごとに『保有枚数×定価の評価額』に対し、いかなるウォレットにも保有しているだけで流動性維持への協力金として報酬を受け取ることができます。

これらはステーキングサービスではなく、あくまでデジタルアート作品なのです。

協力金は事業収益に依存し、Bank of Lydiaに記載されます。

ロードマップについて 

現在、『Q1 NFTの開発』と『Q2 トークンマーケットプレイス』まで完了しており、2023年の3月1日には『Q3 ウォレットの開発』が完了し、専用ウォレットがリリースされる予定になります。

開発速度としては非常にフットワークが軽く、次々に新しいものがリリースされていくでしょう。

本件に関するお問い合わせ 
  • Bitsmith DMCC
  • 代表者名Tatsuya Takizawa
  • 担当者 Ryota Tamura
  • メールアドレス ryota1031dubai@gmail.com
  • 住所 ONE by Omniyat 25F, Business bay, Dubai, UAE

(免責事項)

当記事は、企業が広報のために発信するプレスリリース記事になります。

まとめ先生の寺子屋による執筆記事ではございません。

サービスの利用及び、お問い合わせなどに関しましては提供会社へご連絡をお願い致します。

まとめ先生の寺子屋は、本プレスリリース内容における直接的や間接的な責任を一切負わないものとします。ご自身でご判断頂き行動されるようにお願い致します。