[お知らせ]LINE公式が引っ越しました
新LINE公式 友だち追加 テレグラム 友だち追加

暗号資産 クアンタム(QTUM)って何?『特徴、将来性、購入方法など』サクッと解説!

コイン情報

どうも、まとめ先生です!

『クアンタム(QTUM)って名前は聞いたことがあるけど、どんな暗号資産(仮想通貨)なんだろう?』

という方は、まだまだ多いはずです。

今回は『クアンタム(QTUM)』について、以下の内容をわかりやすくサクッと解説していきたいと思います!

当記事でわかること

✅ クアンタム(QTUM)について。

✅ QTUMの特徴について。

✅ QTUMの将来性について。

✅ QTUMの取扱取引所について。

スポンサーリンク

クアンタム(QTUM)とは?

クアンタム(QTUM)は、2016年12月に誕生。

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)』の技術的に良いところを双方から取り入れた設計の暗号資産です。

まとめ先生
まとめ先生

どの部分を取り入れたのかは

後ほど解説致しますね。

クアンタム(QTUM)の基本情報

通貨名クアンタム(QTUM)
発行上限数100,000,000 QTUM(1億発行後に上限が1%ずつ増加)
公式サイトhttps://qtum.org/en/
ホワイトペーパーhttps://my136p.com/l/u/QTUM.pdf

クアンタム(QTUM)の特徴

まとめ先生
まとめ先生

クアンタム(QTUM)特徴を

サクッとまとめるとこんな感じです。

  1. ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の特徴をいいとこ取り。
  2. ライトウォレットを導入しているので、動作が軽快。
  3. 匿名性が高い。
  4. Pos(プルーフ・オブ・ステーク)が採用されている。
  5. 大企業とパートナーシップを組んでいる。

①:ビットコインの安定性とイーサリアムのスマートコントラクトを合体

ビットコインから取り入れた点

ビットコイン(BTC)の安全・安定性の高い残高表示方式として採用されている『UTXO(Unspent Transaction Output|日本訳:未使用トランザクションアウトプット)』をクアンタム(QTUM)にも採用。

イーサリアムから取り入れた点

イーサリアム(ETH)に実装されている、ブロックチェーン上で取引記録以外に『自動的な契約履行』の機能を備えた仕組み。

双方の良い技術を取り入れることでクアンタム(QTUM)は、ウォレットごとセキュリティを強化しつつスマートコントラクト機能を備えた暗号資産として注目を浴びました。

②:ライトウォレット導入で動作が軽快。

必要な分だけのブロックチェーンデータを取得するライトウォレット形式を採用しているので、素早く取引履歴を取得できる。

また、スマートコントラクトの稼働にはウォレットのみで利用できるのでフルノードが必要ない。

③:匿名性が高い。

①で説明したとおり、QTUMにはビットコイン同様にUTXOが導入してあり、アドレスが再発行されるため匿名性が高くなっています。

④:Posが採用されている。

ビットコインなどの場合、PoWという計算処理を1番早く完了した人が報酬をもらえる仕組みが採用しているのですが、クアンタムには、PoSという保有量と保有日数で報酬がもらえるなどの仕組みが採用されています。

PoWの場合は、電力などの環境によって左右されてしまいますが、PoSなら、保有数や時間を自動で管理されマイニング報酬がもらえるので、多くの暗号資産がPoSへの移行を考えています。

⑤:大企業とパートナーシップを提携済み。

世界的な有名企業である『GoogleやAmazon』とパートナーシップを締結し、QTUMプラットフォームには両社とのスマートコントラクトを利用したDappsの開発環境がある。

クアンタム(QTUM)の時価総額

▼現在の時価総額はこちら

クアンタム(QTUM)の将来性

まとめ先生
まとめ先生

QTUMの価格が動く要因を

過去の傾向から考察してみましょう!

クアンタム(QTUM)は、既に大手企業GoogleやAmazonなどと提携をしております。

2019年の3月頃に、暗号資産での支払い方法としてQTUMを『Apple Payやサムスンペイ』が採用しました。

このニュースによって、QTUMの価格は1ヶ月で2ドル付近から約3.7ドルまで上昇しました。

出典:バイナンス

今後もクアンタム(QTUM)は、大企業などの提携や決済サービスへの採用などで価格が上昇しやすいものではないかと考えられます。

価格に影響を与える要因
・有名企業との提携。

・取引所への新規上場。

・半減期などの指標。


[記事]2021年 暗号資産 指標まとめ
スポンサーリンク

クアンタム(QTUM)はどこで買える?

まとめ先生
まとめ先生

日本人が取引できる

主要な取引所は以下になります。

もし、まだ開設していない取引所がありましたら開設必須です!

コインチェック

ビットバンク

Huobi Japan

2021年9月14日15時に新規上場へ。

バイナンス


スポンサーリンク

まとめ

まとめ先生
まとめ先生

今回は『クアンタム(QTUM)』について解説しました!

最後に、要点のまとめになります。

まとめ ポイント

  • QTUMは、ビットコインとイーサリアムのいいとこ取りをした暗号資産である。
  • ライトウォレット導入されていて動作が軽快。
  • 電力などの環境に依存しないPoSを採用している。
  • 国内取引所が上場し始めているところは見ると、今後もQTUMを上場する取引所は増える可能性が高い。
まとめ先生
まとめ先生

当記事が少しでも参考になりましたら幸いです!

LINE公式やメルマガなどでも無料で情報を配信中です。

ぜひ、友だち追加の方もお願い致します。

第六天LINE公式
  • 最新ニュース速報
  • クジラ🚨警報(大口資金移動)
  • 暗号資産 指標
  • 上場 情報 / 上場廃止 情報
  • 無料で稼ぐ方法
  • 初心者サポート
  • ちょっぴり役立つ情報
第六天テレグラム

上記+不定期プレゼント企画など。

第六天 メルマガ
  • 本日の重要ニュースのまとめ
  • 直近の指標
  • 旬なオススメ情報 等
第六天 Twitter
  • ニュース速報
  • 高値/安値 更新情報
  • ブログ更新情報
  • ツイッターだけの情報もあり

コイン情報
スポンサーリンク
〔暗号資産の必須アイテム〕
【公式】Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン
記事が良かったらシェアお願い致します!
まとめ先生をフォローする
【投資×お金×生活】まとめ先生の寺子屋
タイトルとURLをコピーしました