LINE公式 友だち追加 テレグラム 友だち追加

XRP(リップル)保有者に配布される『Spark』の申請方法や対応の国内取引所

情報まとめ

どうも、まとめ先生です!

当記事では、XRPを保有するユーザーが、無料で付与(エアドロップ)される『Sparkトークン』についてをまとめた記事です。

Sparkの情報は12月に向けてどんどん出てくるかと思いますので、その都度更新していきます。

情報が更新された場合、当ブログ管理人『第六天LINE公式』にてお知らせいたしますので、友達追加しておいてくださいね!

更新内容
  • 10/6:検討中の国内取引所を追記
  • 10/1:対応の取引所,ウォレットを追記
スポンサーリンク

Sparkトークンとは

Sparkトークンは、リップル社のパートナー『Flare Networks(フレアネットワーク)』がXRP(リップル)保有者に対して配布を予定しているネイティブトークンです。

Flare Networks(フレアネットワーク)

Proof of Stakeを利用せずXRPレジャー上でのスマートコントラクト(自動契約履行)実装を目指すためプロジェクトであり、リップル社の投資部門Xpringによって支援をうけているブロックチェーン企業である。

Sparkトークン

  • 発行数:1,000億枚(発行は450億枚に設定されており、550億枚は運営が保有する)
  • シンボル:未定。
  • SparkはFlare Network上のガバナンストークンとしての役割などを担う。
  • スマートコントラクトを作動させるには、Sparkを担保に発行されるXRPと同価値の『FXRP』の発行が必要である。

FXRPについて

  • FXRPは、XRPと同価値のペッグ通貨である。
  • スマートコントラクトに送金でXRPに交換も可能。
  • Sparkトークンによって担保されている。
  • XRPの信頼できない発行や利用などを安全にするプロトコルである。

付与される割合

XRP保有者に対し、1:1の割合でSparkを付与すると今年の8月頃に発表している。

あなたが、100,000 XRPを保有している場合、100,000 Sparkが付与されることになる。

※取引所により割合が変更になる可能性もあるかもしれません。

受け取り方(エアドロップ方法)

Sparkトークンの配布を表明している取引所で、スナップショットが行われる前までにXRP(リップル)を送金しておくことで、後日付与されるとのこと。

スナップショットはいつ?

Sparkトークンの付与枚数を決めるイベント『スナップショット』の撮影日は、2020年12月12日に決定しました。

受け取りたい方は、スナップショットまでに指定の取引所やウォレットなどに送金しておきましょう!

まとめ先生
まとめ先生

国内取引所ハードウェアウォレットに送金したほうが安心だよね!

出典:Flare公式Twitter
スポンサーリンク

対応の取引所 / 検討している取引所

※随時更新されます。

Sparkトークンの付与を表明している取引所やウォレット

Sparkトークンの付与を表明している取引所やウォレットはこちらです。

海外取引 Bitrue

日本対応可

口座を作成して、KYCなど設定を完了させて受け取りアドレスを生成し、スナップショット前までにXRPを送金しておくことで付与される。

海外取引所 Altcointrade

×日本対応不可

海外取引所 AnchorUSD

×日本対応不可

海外取引所 NDAX IO

スポンサーリンク

海外取引所 CoinSpot

海外取引所 uphold

日本対応可

海外取引所 GATEHUB

×日本対応不可

BTCMarketsウォレット

Celsius ウォレット

SafePal ウォレット

スポンサーリンク

CRED ウォレット

XUMM ウォレット

ウォレットをダウンロードして、20XRPを送金することでアクティベートされます。

Sparkの申請手続きをして、スナップショットまでにXRPを送金しておくと、設定したマイイーサウォレットに付与される。

Ledger Nano ウォレット

申請手続き時『XUMMを使用しない』を選択する。

スナップショットまでにXRPを送金しておくと、設定したマイイーサウォレットに付与される。

▼Ledger Nano ウォレットの購入方法はこちらの記事をご覧ください。

※日本正規代理店以外での購入は危険です。

Sparkトークンの付与を検討している取引所

国内取引所 FXcoin

国内取引所 ビットバンク

国内取引所 SBI VC

スポンサーリンク

国内取引所 GMOコイン

国内取引所 ビットポイント

ディカーレット

海外取引所 eToro

×日本対応不可

スポンサーリンク

まとめ

12月スナップショットに向けて、現物のXRPを保有している方はSparkトークンをエアドロップするために、売らずに保有する方やSpark欲しさにXRPを購入する方が多くなってくるのではないでしょうか。

スナップショット後の下落も想定できますので、USDTに置き換えておくなど上手く立ち回りたいものですね。

ご参考までに。

少しでもお役立ちできましたら、励みになりますので

下記のブログランキングをクリックお願い致します!



超優良な自動売買
【ゲインスカイ】

  • 仮想通貨の知識がなくても全く問題なし。
  • 無料で利用できる。
  • プロのトレーダーがあなたの証券口座内にて自動で運用。
  • 20日毎に約3~10%前後の利率で推移。
  • レバレッジをかけないので資金を溶かすリスクがほぼ無し。
  • 初期費用や維持費など不要。
  • MT4アプリからリアルタイムで取引が確認できるので安心。
  • 運用手数料がないので利益はすべてあなたのもの。

▼ゲインスカイを3分で解説!▼

スポンサーリンク

お問い合わせ

LINE公式や、テレグラムでも

人生を豊かにする『お金 / 投資(仮想通貨)/生活』の情報を配信中です!

LINEでは、個別の質問なども対応していますので

是非、友だち追加をお願い致します!

第六天 公式LINE

友だち追加

第六天 テレグラム


友だち追加

第六天 Twitter





以上で本日の授業を終わります!

ありがとうございました。

\堅い自動売買は、ゲインスカイがオススメ/

情報まとめ
スポンサーリンク
〔暗号資産の必須アイテム〕
【公式】Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン
記事が良かったらシェアお願い致します!
まとめ先生をフォローする
【投資×お金×生活】まとめ先生の寺子屋
タイトルとURLをコピーしました