[ 最新の暗号資産情報を受け取る ]

BYBIT(バイビット)のオプション取引とは?[メリット・デメリット・評判・始め方]を解説!

BYBIT オプション取引BYBIT(バイビット)

どうも、まとめ先生です!

当記事では、BYBIT(バイビット)の新サービス『オプション取引』とは何なのか?

そして、メリット・デメリット・リスク、評判や始め方など、わかりやすく徹底解説していきたいと思います。

当記事でわかること

✅ BYBITのオプション取引とは何か?

✅ メリット・デメリット・リスクについて

✅ 評判・口コミ

✅ 始め方・使い方について

▼BYBITとは?という方はこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

BYBITのオプション取引とは?

options

オプション取引とは、あらかじめ決められた将来の期日に、あらかじめ定められた価格で金融商品(BYBITの場合は暗号資産)を売買できる権利(買う権利を買う/売る・売る権利を買う/売る)のことを言います。

簡単に説明すると、事前に決めた将来の日程までに価格が上がるのか下がるのかを予想して方向性を当てる取引ですね!

▼基本的なオプション取引の図解はこちら

オプション取引 図解

オプション取引は、リスク対策のヘッジ戦略の一つとして、多く投資家から人気を集めている取引方法なのです。

BYBITのオプション取引|選ばれる理由

BYBITのオプション取引が選ばれる理由がこちら!

  • USDCで取引できるのでリスクを抑えて取引ができる!
  • 暗号資産でオプション取引ができる!
  • コール・プットの売りでもロスカットがあるのでいくらか安心!
  • ポートフォリオ・マージンモードがあり、リスクを抑えつつ高い資金効率での運用ができる!

BYBITのオプション取引|契約仕様

契約形態BTC コール/プットオプション
タイプヨーロピアンタイプオプション
(満期日のみに権利行使する)
原資産BTCインデックス
決済コインUSDC
有効期限有効期限週の金曜日17時
契約有効期限週間・隔週・月間・隔月刊・四半期
最小注文数0.01 BTC
最大注文数100 BTC
行使方法USDC決済
強制決済プロセス証拠金維持率:100%
手数料・取引手数料:0.03%
・受け渡し手数料:0.015%
・強制決済手数料:0.2%

最短30秒で簡単開設

BYBITのオプション取引|基礎知識

BYBITのオプション取引をする場合、少しの知識が必要になります。

聞き慣れない言葉などあるので難しく感じるかとは思いますが、すぐに理解できるはずです!

オプション取引|用語

当記事で使用するオプション取引用語はこちらです。

用語意味
コールオプション買う権利
プットオプション売る権利
プレミアム権利を購入するための手数料(保険料)
権利行使価格予め決められた原資産価格
原資産オプション取引の対象銘柄

オプション取引|先物取引と何が違う?

オプション取引と先物取引は同じ将来の売買に関するデリバティブ(金融派生商品)ですが、違いを簡単に説明しましょう!

取引方法内容の違い
先物取引将来の予め定められた期日に、予め定められた価格で商品を売買する事を『約束』した取引
オプション取引将来の予め定められた期日に、予め定められた価格で商品を売買できる『権利を売買』する取引

まとめ先生
まとめ先生

簡単に説明すると、先物取引が『売買契約で、オプション取引が『権利の売買というところが違うんです!

オプション取引|4つの取引方法

BYBITのオプション取引は、あらかじめ決められた将来の期日に、あらかじめ定められた価格で売買することができる権利を売買する取引でしたね。

基本的にオプション取引には、以下の4つの取引があります。

  • コール オプション(買う権利買い
  • コール オプション(買う権利)売り
  • プット オプション(売る権利)買い
  • プット オプション(売る権利)売り

初めての方にオススメなのは、コール/プットオプションの『買いです!

なぜなら、買いの場合のみ損失は最初に支払ったプレミアムだけに収まるからです。

しょしんしゃ君
しょしんしゃ君

なるほど!

オプション取引には、4種類の取引方法があるんですね!

まとめ先生
まとめ先生

そうなんです!

次は、4つの取引方法ごとの損益関係について解説していきますね!

オプション取引|各オプションの買い手&売り手の損益について

4つの取引方法ごとに損益関係が異なりますので、ココ重要ポイントです!

オプション取引をする前に、軽く理解しておきたいところになります。

日本銀行情報サービス局内の金融広報中央委員の公式サイトを参考に、損益関係を解説していきます。

※下の損益関係の図は、権利行使価格1,000円、プレミアム100円で解説します。

コールオプションの損益関係
  • 青いラインは、コールオプションの買い手の損益を表しています。
  • 緑のラインは、コールオプションの売り手の損益を表しています。
出典:金融広報中央委員(日銀情報局内)

コール オプション(買う権利買い

※行使価格=1,000円で買う権利

コール オプション(買う権利)売り

※行使価格=1,000円で売る義務

コールオプション|買い手
原資産の市場価格が上昇したら、利益はどこまでも膨らむんです。

逆に原資産の市場価格が下落したとしても、その損失は先に支払ったプレミアムだけに限定されているのです。
コールオプション|売り手
原資産の市場価格が上昇したら、損失はどこまでも膨らんでしまいます

逆に原資産の市場価格が下落したとしても、その利益は先に受け取ったプレミアム分に限定されています。

プットオプションの損益関係
  • 青いラインは、プットオプションの買い手の損益を表しています。
  • 緑のラインは、プットオプションの売り手の損益を表しています。
出典:金融広報中央委員(日銀情報局内)

プット オプション(売る権利)買い

※行使価格=1,000円で売る権利

プット オプション(売る権利)売り

※行使価格=1,000円で買う義務
プットオプション|買い手
原資産の市場価格が下落することで、利益が大きくなります

しかし、市場価値が0以下になることはないので利益の上限は損益分岐点に限定されます。

コールオプションの買い手同様、市場価格が上昇したとしても損失は先に支払ったプレミアムだけに限定されているのです。
プットオプション|売り手
原資産の市場価格が下落するほど、損失が大きくなります

しかし、市場価値が0以下になることはないので損失の上限は損益分岐点に限定されます。

逆に市場価格が上昇して損益分岐点を越えると利益がでるのですが、その利益は先に受け取ったプレミアム分に限定されます。

しょしんしゃ君
しょしんしゃ君

なるほど!

ボクみたいな初心者は『買い手』から始めてみようと思います!

まとめ先生
まとめ先生

そうですね!

次は、各オプションごとのメリット・デメリットについて解説していきますね!

BYBITのオプション取引|メリット・デメリット

次は、オプション取引のメリット・デメリットの図です。

取引方法メリットデメリット
コール/プット
(買う/売る権利)
[買い手]
☑少額から大きな利益に期待できる
☑プレミアム以上の損失にならない
☑権利を行使するかしないを決められる
☑先にプレミアムを支払わなければいけない
コール/プット
(買う/売る権利)
[売り手]
☑プレミアムを買い手から必ずもらえる☑大きな損失の可能性あり
☑権利を行使するしないを決められない

BYBITのオプション取引|リスクについて

次は、オプション取引を行う上でのリスクを解説していきます。

コール/プットオプションの権利を買うリスク

先程、解説したように初心者にオススメなのは『コール / プットオプションの買いですが、もちろんリスクもあります。

この場合のリスクは、予想と反対に大きく動いた場合、最初に支払ったプレミアムがゼロになってしまうことです。

コール/プットオプションの権利を売るリスク

こちらの場合は、予想に反した場合には損失が大きくなってしまう可能性があります。

ロスカット(強制決済プロセス)があるから安全だ!という過信は禁物です。

指標などの影響で大きく相場が動いた時、万が一流動性が無くなり約定されないという可能性も視野にいれて慎重に取引を行ってください。

BYBITのオプション取引|評判・口コミ

始まってから期間がまだ短いため、口コミはまだまだ少ないです。

評判や口コミが増えていき次第、更新していきたいと思います。

スポンサーリンク

BYBITのオプション取引|始め方・やり方

オプション取引の始め方|3ステップ
(タップで飛ばせます)

ステップ1|BYBITの口座開設(登録)

まずは、下記のボタンからBYBITの公式サイトを開き口座開設をします。

最短30秒で簡単開設

▼BYBITの詳細記事はこちら

ステップ2-1|暗号資産の入金

次は他の取引所からBYBITに暗号資産を入金していきます。

他の取引所やウォレットにUSDCを保有している場合は、現物ウォレットにUSDCを送金してください。

※USDCはないけどUSDTなら持っているよという方は、USDTを送金しましょう。

>>USDT・USDCを持ってる方はこちらから読んで下さい。

▼国内取引所を開設されていない方は、こちらの記事を参考に開設しておきましょう。

オススメはコインチェックです。

BYBITへの入金手順

BYBITのアプリを開き、以下の手順で入金していきましょう。

  • アプリ右下の[資産]をタップします。
  • 上部にある入金をタップします。
  • 入金したい銘柄名を検索窓に入力します。
  • 表示された銘柄名をタップします。
  • 暗号資産のアドレスを[コピー]します。
  • 振替先アカウントに『デリバティブアカウント』を選択。
  • XRPの場合、タグの[コピー]も必要になります。
  • 最後に送金元の取引所に先程コピーした情報を貼り付けて送金しましょう。
  • これで、BYBITへの入金作業が完了になります!

日本円(銀行振込)で暗号資産を購入する方法はこちら

しょしんしゃ君
しょしんしゃ君

入金作業が完了しました。

これで取引できますね!

まとめ先生
まとめ先生

あともうちょっとです!

現物取引やレバレッジ取引をするためには、基本的にUSDTが必要になります‼

USDTへの両替手順

先程送金した銘柄が着金したら、次はUSDTに以下の手順で両替していきましょう。

  • アプリ右下の[資産]をタップします。
  • アカウント一覧のに[契約]をタップします。
  • 次に[両替]をタップします。
  • 振替元口座に『送金した銘柄』を選択し、振替先口座に『USDT』を選択。
  • 両替したい枚数を入力します。
  • [交換を確認]をタップ。
  • これで、USDTに両替することができました!

ステップ2-3|USDTをUSDCに振替します

次は、USDTをUSDCウォレットに振替していきましょう。

USDCを保有している方は、BYBITの現物ウォレットにUSDCを送金したあとに、下の画像右側の『USDT』の部分をUSDCにするだけです。

  • アプリ右下の[資産]をタップします。
  • 上部にある[現物]をタップします。
  • 次に[振替]をタップします。
  • 振替先口座を『USDCアカウント』に変更します。
  • 振替元口座をUSDCから『USDT』に変更します。
  • 振替したい枚数を入力して[振替を確認]をタップ。
  • これでUSDCウォレットに資金が入金されました!

ステップ3-1|オプション取引を始める

いよいよ、オプション取引で注文する手順になります!

こちらでは、2022年8月18日までにビットコイン価格が33,500ドル以上になると予測した場合の取引方法で解説していきます。

権利行使価格が現在の価格に近いものほどプレミアムが高くなります。

  • アプリ下の[契約]をタップします。
  • 上部にある[オプション]をタップします。
  • [コール or プット]を選択します。
  • [権利行使日]を選択します。
  • [権利行使価格]を買値と売値を確認して選択します。
  • [取引する]をタップします。

▼損益推移は価格の部分を指でタップすると利益の確認ができます!

この場合、27,000ドルまで上昇していたら2,028ドルの利益です
  • [買い or 売り]を選択します。
  • [数量]を入力します。
  • [注文する]をタップします。
  • これで、注文が完了しました!

ステップ3-2|注文をキャンセルする方法

次は、ポジションの確認と決済&キャンセル方法の解説です!

  • オプション取引ページ右上の[ノートアイコン]をタップします。
  • [ポジション一覧]を選択します。
  • 損益を確認して[決済]をタップします。
  • これで、キャンセルが完了しました!

スポンサーリンク

まとめ

まとめ先生
まとめ先生

今回は『Bybitのオプション取引』について解説しました!

最後に、要点のまとめになります。

とめ ポイント

  • ほとんどの人がオプション取引に慣れなていないので理解するのには少し時間がかかるが覚えたら取引の幅が広がる
  • BYBITのオプション取引は少額から安全に取引を行うことができる!
  • 初めての方は、慣れるまでコール/プットの『買い』で取引することを推奨!

3分で簡単開設

まとめ先生
まとめ先生

当記事が少しでも参考になりましたら幸いです!

LINE公式やメルマガなどでも無料で情報を配信中です。

ぜひ、友だち追加の方もお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました