LINE公式 友だち追加 テレグラム 友だち追加

USDT(テザー)はどこで購入して保管すれば良いのか?[おすすめウォレット&購入/両替方法]

役立つ 情報

どうも、まとめ先生です!

国内取引所での取り扱いがない『USDT(テザー)』ですが、どこで購入して、どこに保管すればいいのか悩んでいる方も多いはず。

当記事を読むことで、下記のことが解決します!

是非、最後までご覧ください。

 

当記事で解決すること
  • USDTの購入&両替方法がわかる!
  • 安全な保管方法がわかる!

 

スポンサーリンク

USDT(テザー)とは?

USDT(テザー)とは、Tether Limited社によって発行される『USD(ドル)』に連動した暗号資産で海外取引所の多くが基軸通貨として利用しています。

価格は『1USDT ≒ 1USD』になるように固定されています。

現在の時価総額と価格】

USDT(テザー)って何に使うの?

USDTは、他の暗号資産と違って保有しているだけで利益がでるようなものではなく、主に以下の理由で保有するパターンが多いかと思います。

①避難(利確)先として

BTC(ビットコイン)などの暗号資産と違って大きな価格変動がないため、指標前などにUSDT(テザー)に両替して価格変動を避けるための避難先として利用する。

②投資案件などで利用する

投資案件などで、USDT(テザー)が必要な場合に購入するか両替する必要があります。

USDT(テザー)の種類

USDTには複数の種類がありますが、よく使うのは以下の3種類になるかと思います。

USDT(ERC20)

ETH(イーサリアム)のブロックチェーン上で発行されたUSDT。

見分け方:アドレスが『0x』から始まる。

USDT(Omni)

BTC(ビットコイン)のブロックチェーン上で発行されたUSDT。

見分け方:アドレスが『1 又は 3』で始まる。

USDT(TRC20)

TRX(トロン)のブロックチェーン上で発行されたUSDT。

見分け方:アドレスが『T』で始まる。

他の種類に比べて手数料が安く、送金スピードも早い。

USDT(テザー)のリスクは?

USDT(テザー)は、BTC(ビットコイン)などの暗号資産とは違って、中央集権体制で管理されています。

Tether Limited社による、不正行為などが万が一発覚した場合には、『カウンターパーティリスク(取引先破綻)』があります。

その場合、USDT(テザー)は価値を保つことができなくなり『無価値』になる可能性もあるのです。

又、種類が多いため間違えて送金してしまうと、着金しないどころか消滅してしまう可能性もあります。

スポンサーリンク

USDTを購入する方法

まとめ先生
まとめ先生

USDTを手に入れるには、まず日本円でBTCを購入して

その後に、BTCでUSDTを購入するという流れになります!

国内取引所でBTCを購入する

初心者の方でもオススメなのが、以下の2社になります。

販売所購入は簡単ですが、手数料がやや高い。

取引所手数料は安いが、初心者には少し複雑。

※わからない方は、第六天LINE公式にて個別サポート可能。

Coincheck(コインチェック)

ユーザー数/取引数共に日本最大級な取引所

取引所の手数料
無料

bitbank(ビットバンク)

取引量が国内でNo.1の人気な取引所

取引所の手数料
-0.05~0.15%

取引所を経由して購入

メジャーな取引所だと、『バイナンス(BINANCE)』にBTCを送金して、USDTを購入することができます。

バイナンスは最近日本語にも対応したので、使いやすくなりましたが、海外取引所のリスクとしてハッキングされたり、いつ日本人が締め出しされるかわからないため常に資産を保管しておくことだけは避けてください。

まとめ先生
まとめ先生

バイナンスは、送金する際に『ERC20、Omni、TRC20、BEP2、BEP2(BSC)』から選択して送金する事ができますのでとても便利ですね!

スポンサーリンク

USDTの保管にオススメなウォレット

トラストウォレット(Trust Wallet)

トラストウォレット2017年にウォレットサービスを開始しており、2018年にバイナンスに買収された、バイナンス(BINANCE)の公式ウォレットです。

USDTを保管するのであれば、現在は『トラストウォレット』がオススメです!

トラストウォレットのデメリット

  • XEMやMONAなど対応していない銘柄もある。

トラストウォレットのメリット

  • 40種類以上の暗号資産が対応している。
  • Dappのブラウザとして利用できる多機能なウォレット。
  • ステーキングも対応。
  • バイナンスブランドである。
  • 暗号資産の交換が可能。
  • クレカで暗号資産を購入できる。
  • ERCのカスタムトークンが着金すると自動表示される。

動画説明

USDTを増やす方法

メルカリやヤフオクの様に、完全に個人間で『あるもの』を売買するだけで『USDT』を増やすことができるプラットホームが存在します。

詳細はこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

BTCをUSDTに両替する方法 (TRC20限定)

次は、BTCをUSDT(TRC20)に両替する方法になります。

トロンウォレット(TronWallet)

トロンウォレットは、BTCをUSDT(TRC20)に両替して送金できるTRON公認ウォレットです。

※バイナンスを経由しないで簡単に両替ができますが、両替手数料が多少発生します。

▼こちらからインストールできます。

TronWallet - Bitcoin & Crypto
TronWallet - Bitcoin & Crypto
開発元:TronWallet Inc
無料
posted withアプリーチ

トロンウォレット|両替方法

※下記と同じ要領で500円~1,000円分ほど『TRX(送金手数料に利用)』にも両替しておいてください。

インストール後の作業

  1. ①の部分をタップ。
  2. 受信するをタップ。
  3. BTCアドレスをコピーしてBTCを送金します。
  4. BTCが着金したら④の部分をタップ。
  5. USDTに両替したい枚数を入力(少し手数料が発生するのでMAX値は入力不可)
  6. ⑥をタップして、TRXメインアカウントを選択。
  7. 今すぐ交換をタップ。

これでUSDT(TRC20)への両替が完了です。

※両替には少し時間がかかります。

トロンウォレット|USDTの送金方法

USDTの送金方法です。

  1. ①の部分をタップ。
  2. TRXを選択。
  3. ③の部分をタップ。
  4. USDTをタップ。
  5. 送金したい分のUSDTを入力する。
  6. 次をタップ。
  7. 取引先相手のUSDTアドレスを貼り付ける。
  8. 保存しないにする。
  9. 送信をタップ。
  10. アドレスと送金枚数が正しいか確認して、⑪をタップ。
  11. TRXの画面に切り替わるのでトランザクションをタップ。
  12. 取引にTXN HASHが必要な場合は⑫の部分をタップでコピーして利用してください。

これでUSDT(TRC20)の送金が完了です。

スポンサーリンク

その他銘柄の安全な保管方法

ハードウェア ウォレット

セキュリティ面で一番安全と言われているのはハードウェアウォレットになります!

その中でも人気なのが『Ledger Nano S(レジャーナノS)』です。

世界でもトップクラスの安全性 / 信頼性を誇り、一番メジャーで投資家に人気なツールとして愛用されています。

しかし、ヤフオクやAmazonなどで販売されているハードウェアウォレットには悪意を持った販売者によりマルウェアなどのウィルスを最初から入れられて資産を盗まれるリスクがあります。

※購入の際は必ず日本の正規代理店からお申し込みください!

▼正規代理店から購入する方法や『Ledger Nano(レジャーナノ)』の詳細はこちらをご覧ください。

▼XRPを保有されている方で『Spark』を安全にオプトイン申請したい方はこちらの記事もご覧ください。


スポンサーリンク

お問い合わせ

LINE公式や、テレグラムでも

人生を豊かにする『お金 / 投資(仮想通貨)/生活』の情報を配信中です!

LINEでは、個別の質問なども対応していますので

是非、友だち追加をお願い致します!

第六天 公式LINE

友だち追加

第六天 テレグラム


友だち追加

第六天 Twitter





以上で本日の授業を終わります!

ありがとうございました。

役立つ 情報
スポンサーリンク
〔暗号資産の必須アイテム〕
【公式】Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン
記事が良かったらシェアお願い致します!
まとめ先生をフォローする
【投資×お金×生活】まとめ先生の寺子屋
タイトルとURLをコピーしました