LINE公式 友だち追加 テレグラム 友だち追加

米リップル社のCEOブラッド・ガーリングハウス氏がCNNに出演!『リップル社やXRPの今後などについて』

ニュース

どうも、まとめ先生です。

こちらはリップル関連の最新Newsになります。

スポンサーリンク

米リップル社のCEOブラッド・ガーリングハウス氏がCNNに出演!『リップル社やXRPの今後などについて』

米国時間の17日に『First Move CN』にて公開された内容について解説していきます。

CEOの取材動画

仮想通貨の規制などの課題について

規制がハードルになり送金事業でトップではなかったが、KYCやマネーロンダリングに対する対策が整備されることにより『迅速に快適になる』と説明している。

XRPについて

中国の中央銀行が発行予定の独自ブロックチェーンのデジタル通貨『CBDC』を作成後も、『XRPの超効率的な存在は変わらず必用であり続けるだろう』と CEOは語りました。

XRPの銀行利用については、『現在は決済プロバイダー向けサービスがメインだが、今後は銀行利用やそれ以外のサービスも考えている』と説明した。

又、有価証券問題についても、米国の規制当局と積極的に話し合っているという。

新規株式公開 (IPO)について

1月24日のダボス会議にて『1年以内の新規株式公開(IPO)』を示唆した内容についてのインタビューに対し、『公開すると言ったわけではないが、ブロックチェーン業界のIPOが見られそうだ』と話し、『最初のIPOがリップル社になるとは思わないが、最後になるとも限らない』と付け加た。

今後5年後のビジョン

ガーリングハウス氏は『リップル社はいずれAmazonのような企業になる』と説明。

Amazonは当初は本屋事業を行っていたので『AmazonBook』と呼ばれていたが、そのジャンルを制したあとに総合オンラインコマースに拡大して『Amazon』として認知された。

現在リップル社は送金事業で認知されているが、送金事業の勝者であることを確立したら今後は多分野展開するAmazonの様になることを目標としているという。

少しでもお役立ちできましたら、励みになりますので

下記のブログランキングをクリックお願い致します!



スポンサーリンク

お問い合わせ

LINE公式や、テレグラムでも

人生を豊かにする『お金 / 投資(仮想通貨)/生活』の情報を配信中です!

LINEでは、個別の質問なども対応していますので

是非、友だち追加をお願い致します!

第六天 公式LINE

友だち追加

第六天 テレグラム


友だち追加

第六天 Twitter





以上で本日の授業を終わります!

ありがとうございました。

\堅い自動売買は、ゲインスカイがオススメ/

タイトルとURLをコピーしました