2022年 過去|ニュース速報

どうも、まとめ先生です!

こちらは、過去のニュース一覧になります。

▼最新のニュース速報はこちらをご確認ください。

9月16日

[上場]Coinbase Japanが『5銘柄』を新規上場へ

暗号資産取引所コインベース ジャパンが、新規5銘柄の上場を発表した。

上場する銘柄は以下の銘柄。

  • チェーンリンク(LINK)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
イーサリアムPoWフォーク(ETHW)が誕生 FTXやOKXで現物取引開始へ

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の大型アップグレード「The Merge(マージ)」実装から数時間後、PoWフォークである「ETHW」が開始された。

参照元:COINPOST

9月15日

Liquid by FTX、暗号資産現物取引サービスを終了予定

国内仮想通貨取引所Liquid by FTXは9月15日、新プラットフォーム「FTX Japan」への移行に伴い、9月29日に暗号資産現物取引サービスを終了予定であることを発表した。

出典:bitbankニュース

当ブログなら手数料 永年5%オフ

9月6日

バイナンスが、主要ステーブルコインの取り扱い停止へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは6日、主要ステーブルコインの取引所残高を自動的にバイナンスUSD(BUSD)に換金する方針を明らかにした。

先物取引においてもUSDCが証拠金資産として利用できなるほか、主要銘柄のレンディングも7日付けで停止される模様。

ただし、一部のUSDT建てのペアを除くという、現物取引ではBUSDの提供のみとなる格好だ。

参照元:COINPOST

9月1日

[上場]米Coinbaseが『NEAR』を新規上場へ

米国の大手暗号資産取引所コインベースが、新規銘柄の上場を発表した。

上場する銘柄は以下の銘柄。

  • NEAR
バイナンスがロシアへの寄付金を集めていた暗号資産ウォレットを凍結

暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、ロシア軍のために資金を集めていた銃製造業者の資産を凍結したと、コインデスクが報じた。

参照元:COINPOST

応援しているNFTを紹介


▼短期間で50体以上売れているオススメNFTクリエイターの作品はこちら

※EXILEの関口メンディー氏が保有していたクリプトヤンキーを0.1ETHでリスト(出品)して頂き翌日には即売れするという二次流通も発生しました。

>>OpenSeaで見てみる

>>クリプトヤンキーTwitter


8月31日

ETHマイニングプール最大手『Ethermine』が少額ステーキングサービスをローンチ

大手「Ethermine」は来たる「マージ」に向けて、31日に少額から始められるステーキングサービスをローンチした。

「Ethermine Staking」というステーキングサービスはユーザーが0.1ETHから利用できるプールだ。

参照元:COINPOST

8月30日

[上場]フォビジャパンが、コスプレトークン取り扱いへ

国内の暗号資産取引所フォビジャパンが、新規銘柄の上場を発表した。

上場する銘柄は以下の銘柄。

  • COT

▼紹介コードが必要な場合は、こちらをご利用ください。

yDi6v

Copy

参照元:Huobi公式サイト

8月26日

米リップル社がCBDCプラットフォームにXRPをブリッジ通貨として導入

米リップル社は25日、同社の中央銀行デジタル通貨(CBDC)関連Webページを更新。同社がCBDC開発プラットホームで暗号資産(仮想通貨)XRPを使用することを明らかにした。

参照元:COINPOST
米コインベースが、へデラの新規取扱予定を表明

米国の大手暗号資産取引所コインベースが、新規銘柄の上場を発表した。

上場する銘柄は以下の銘柄。

  • HBAR

参照元:COINPOST

8月9日

ロビンフットが、新規2銘柄を上場へ

米国の投資アプリ企業ロビンフッドが、新規2銘柄の上場を実施した。

上場する銘柄は以下の2銘柄。

  • AVAX
  • XLM

参照元:Robinhood公式SNS

8月5日

国内取引所FTX Japanが、新規4銘柄を上場へ

国内の暗号資産取引FTX Japanが、本日4銘柄の新規取扱開始を発表した。

上場する銘柄は以下の4銘柄。

当ブログからなら手数料永年5%オフ

参照元:FTX Japan公式サイト

米ブラックロックが、Coinbaseと提携し暗号資産取引を提供へ

米資産運用大手ブラックロックが、大手暗号資産取引所Coinbaseと提携することを発表した。

参照元:COINPOST

7月25日

GMOコインがIEOの第二弾を検討へ

国内暗号資産取引所GMOコインが、次世代型ライブ配信アプリPalmuの独自トークンPLMのIEO実施に関する検討を開始へ。

IEOは参加すると利益を出せる可能性が高いので、今のうちからGMOコインを開設しておくことをオススメします。

参照元:COINPOST

EnjinがファイナルファンタジーVII 25周年記念NFTの提供を発表へ

7月19日

国内取引所FTX JapanのテレビCMが放送へ

国内取引所FTX Japanが、大谷翔平氏を起用したテレビCMの放送が開始しました。

現在、当ブログからFTX Japanを口座開設すると以下の特典がついてきます!

  • 手数料が永年5%割引!
  • 口座開設で1,000円相当のビットコインがもらえる!(新規登録→承認→販売所で100円以上取引→これで獲得)

口座開設でBTC(1,000円分)もらえる

7月13日

BitMEXのネイティブトークン『BMEX』上場を延期へ

延期の理由は、現在の市況は理想的じゃないため、ホルダーに最高のチャンスを与える環境でトークンを上場したいとのこと。

参照元:BitMEX

7月12日

Bybitに『NXD』が上場へ

海外の大人気暗号資産取引所Bybit(バイビット)の現物取引に『NXD』が上場しました。

①期間中に200 NXD以上を現物アカウントに入金するだけで賞金プールの山分けに参加可能!

※上限:1名あたり30 NXD ~ 8,000 NXD

②300NXD購入して、賞金プールから配分をもらおう!

※上限:1名当たり5,000 NXD

>>お得なBybitの口座開設はこちら

関連記事

7月5日

中国が10億人分の個人情報をビットコインで販売か

ChinaDanと名乗るハッカーが、上海市の警察当局のデータベースから中国国民約10億人分の個人情報を盗んだことを主張。

バイナンスのCEOであるCZ氏も、『ダークウェブで、アジアの10億人分の個人情報が売られていることを発見した』と報告している。

参照元:COINPOST

7月4日

FacebookがNFT機能を展開

Facebookを運営する米メタ社が、Facebookの一部のユーザーに対して、EthereumとPolygonのNFT機能を導入したことが明らかになった。

今後は、SolanaとFlowのNFTにも対応する予定。

参照元:THE BLOCK

7月1日

FTX Japanに『ドージコイン(DOGE)』が上場へ

2022年7月5日(火)の午前11時より現物取引(販売所・取引所)、パーペチュアル取引においてドージコイン(DOGE)の取り扱いが開始されます。

参照元:FTXJapan公式

2022年6月|ニュース速報

6月30日

コインベースが『BOBA』など新規2銘柄上場へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースが、ボバ・ネットワーク(BOBA)とジェミナイUSD(GUSD)の取り扱いを開始した。

参照元:コインポスト

6月22日

加マイニング企業Bitfarms、1週間でビットコインを3,000BTC売却

ナスダックに上場するカナダの暗号資産マイニング企業Bitfarmsは過去1週間でビットコイン(BTC)を合計3,000BTC(85億円相当)売却したことを発表した。

参照元:コインポスト

イランが暗号資産マイニングへの電力供給を一時停止

イラン電力業界のスポークスマンMostafa Rajabi Mashhadi氏が電力不足の恐れからイランの暗号資産マイニング企業への電力供給を本日6月22日より一時停止する予定を発表した。

参照元:bloomberg

Uniswap、今秋からNFT取引可能に

DEX大手Uniswapの開発企業Uniswap Labsは22日、NFT電子市場アグリゲーターGenieを買収したことを発表した。買収額は明かしていない。

参照元:コインポスト

米コインベース、6銘柄の新規上場へ

米最大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは22日、以下の6銘柄の新規取扱を発表した。

  • DYP
  • ALEPH
  • HOPR
  • MATH
  • PRQ
  • ELA

参照元:コインポスト

6月8日

ビットバンクに『MATIC(ポリゴン)』が上場へ

bitbankが日本初の上場となる『MATIC(ポリゴン)』を近日上場させると発表した。

>>bitbankの口座開設はこちら

韓国大手取引所、ライトコインを上場廃止へ

韓国の暗号資産取引所UpbitとBithumbや、CoinoneやKorbit などが、ライトコイン(LTC)の上場廃止を発表した。

上場廃止の理由は、ライトコインのプライバシー機能「MimbleWimble」が実装されたことにある。

参照元:コインポスト

6月6日

人気NFT『BAYC』が200ETH相当のNFT流出を発表

Bored Ape Yacht Club(BAYC)の公式ディスコードサーバーがハッキングされて、約200ETH(4,700万円)のNFTが流出したことを発表。

参照元:THE BLOCK

6月1日

イーサリアムL2「Optimism」、OPトークンをローンチ

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のL2ソリューションを開発するOptimismは1日、独自トークン『OP』を正式にローンチした。

BybitBinanceMEXC、コインベースなどでも上場の取り扱いが開始されている。

Optimismとは

手数料を下げたり、処理速度を速めたりするため、イーサリアム用のL2ブロックチェーンを開発している企業。

『オプティミスティック・ロールアップ』という技術を活用している。

>>Bybitの口座開設はこちら

>>Binanceの口座開設はこちら

>>MEXCの口座開設はこちら

参照元:コインポスト

2022年5月|ニュース速報

5月27日

テザー社がメキシコペソの新規ステーブルコインを発売

テザー社は、メキシコペソの新規ステーブルコイン『MXNT』を発売したことを発表。

現時点では、ETH、TRX、Polygonのブロックチェーンで利用可能。

参照元:THE BLOCK

バイナンス、テラ2.0に対応へ

世界的最大手暗号資産取引所バイナンスは26日、テラ2.0移行とLUNAのエアドロップに対応する予定を発表した。

既存のLUNAとUSTの入出金は26日23時に停止し、LUNA/BUSDとUST/BUSDの通貨ペアは26日24時より停止している。

LUNCとUSTCの通貨ペア再開は、5月30日18時30分にて実施。入出金は30日18時45分に再開する予定だ。

参照元:コインポスト

テラ、13億USTをバーン 復興プラン

旧テラ・コミュニティのガバナンス投票により、13億TerraUSD(USTC)をバーン(焼却)することが決定した。

CoinGeckoによると、13億枚はUSTCの発行量全体(112億枚)の約11%に相当する。この提案は27日未明、総投票数の99.3%の賛成を得て可決した。

参照元:コインポスト

アーク・インベストと21シェアーズがビットコイン現物ETFを再申請

ベテラン投資家のキャッシー・ウッド氏が設立した投資会社アーク・インベストメント・マネジメントは、米国でビットコイン(BTC)現物の上場投資信託(ETF)を立ち上げるために再挑戦することになった。

ブルームバーグのETFアナリスト、ヘンリー・ジム氏によると、ARK 21Shares Bitcoin ETFの承認・不承認の期限は2023年1月24日だ。

参照元:コインテレグラフ

STEPN、中国でのサービス提供を中止へ

「Move to Earn」分散型ゲームアプリSTEPN(ステップン)は27日、中国でサービス提供を中止する予定を発表した。

STEPNは、サービスの中止は中国の規制を遵守するための動きで、現地時間7月15日24時にてGPSとIPサービスの提供を停止すると説明。

参照元:コインポスト

5月9日

インスタグラムのNFT試験導入を開始か

大手SNSのインスタグラムが早くても今週からアプリ内でのNFT(非代替性トークン)の対応を試験的に開始することが明らかになったと、海外メディアのCoinDeskが報じた。

2022年4月|ニュース速報

4月19日

FTXが新規上場銘柄を発表

米最大手暗号資産取引所FTXが、以下の銘柄の新規上場を発表した。

日本時間では本日の23時頃から取り扱いを開始するとのこと。

  • NEAR Protocol(NEAR)

現在、FTXは日本人の口座開設ができないので、『NEAR』の取り扱いがある暗号資産Bybitの口座開設がオススメです。

>>Bybitの口座開設はこちら

>>オススメ取引所ランキングはこちら

4月12日

米暗号資産取引所コインベースが、50銘柄の新規上場の可能性を検討

上場を検討している銘柄は、ERC20の銘柄かSOL基盤のSPL銘柄が含まれている、

ERC-20銘柄:Aleph.im (ALEPH)、Arcblock (ABT)、BiFi (BIFI)、Big Data Protocol (BDP)、Binance USD (BUSD)、BitDAO (BIT)、Botto (BOTTO)、Chrono.tech (TIME)、Coin98 (C98)、DappRadar (RADAR)、DEXTools (DEXT)、DFX Finance (DFX)、Dope Wars Paper (PAPER)、Drep [new] (DREP)、Elastos (ELA)、Gemini USD (GUSD)、Honey (HNY)、Hopr Token (HOPR)、Index Cooperative (INDEX)、Indexed Finance (NDX)、Jupiter (JUP)、Kromatika (KROM)、LockTrip (LOC)、MATH (MATH)、Monavale (MONA)、Morpheus Labs (MITX)、mStable Governance Token: Meta (MTA)、Muse (MUSE)、Nest Protocol (NEST)、Opacity (OPCT)、OpenDAO (SOS)、PARSIQ (PRQ)、PolkaFoundry (PKF)、Polkamon (PMON)、RAC (RAC)、SelfKey (KEY)、StackOS (STACK)、StaFi (FIS)、Strike (STRK)、Student Coin (STC)、SwftCoin (SWFTC)、Sylo (SYLO)、TE-Food (TONE)、UnMarshal (MARSH)、Wrapped Ampleforth (WAMPL)。

SPL銘柄:Apricot Finance (APT)、Bitspawn (SPWN)、Green Satoshi Token (GST)、Media Network (MEDIA)、Realy (REAL)。

4月5日

昨年に閉鎖した暗号資産取引所Thodexの関係者に懲役40,564年を求刑

イスタンブール本拠地を置く暗号資産取引所Thodexが閉鎖しCEOの失踪から約1年となるが、トルコの検察は関係者21名に40,564年もの実刑判決を求刑したことを The Blockが報じた。

英財務省がステーブルコインを支払い手段として認める規制を計画。

英財務省が、ステーブルコインを支払い手段として認めるような規制体系の導入を計画していると財務大臣が発言し、財相は王立造幣局からNFTを発行する計画も公表しているとThe Blockが報じた。

2022年3月|ニュース速報

3月29日

Web3.0のウォレット MetaMaskがApple Payに対応へ

NFTなどが保存できる主要暗号資産ウォレット『 MetaMask(メタマスク)』が、モバイル版アプリMetaMask Mobile v4.3.1をリリース。

iOS版アプリでは、Apple Payを使ってを購入することが可能に。

Apple Pay対応のVISA及びマスターカードのデビットカードとクレジットカードが利用可能。

運動系NFTゲーム『STEPN』がBNB決済対応へ

運動することで暗号資産を稼ぐ(Move to Earn)の分散型アプリSTEPNが、アプリ内で暗号資産のBNBに対応する予定を発表。

3月24日

タイの金融当局が暗号資産でのサービスや商品などの決済を実質禁止へ

タイの証券取引委員会が、暗号資産を利用した商品やサービスの決済手段を実質的に禁止する通知を発表。

暗号資産取引に関しては今後も承認するとしている。

ビットフライヤーにXYMが上場へ

暗号資産取引所bitFlyerが、3月24日から『シンボル(XYM)』の付与と販売所でXYMの取り扱い開始することを発表している。

※上場するタイミングは下落する可能性がある(事実売り)ので、ご注意を。


>>オススメ取引所ランキングはこちら

FTXが新規2銘柄の上場を発表

米最大手暗号資産取引所コインベースが、以下の銘柄の新規上場を発表した。

  • Frax Share(FXS)
  • Sperax(SPA)

現在、FTXは日本人の口座開設ができないので、Bybitの口座開設がオススメです。

>>Bybitの口座開設はこちら

>>オススメ取引所ランキングはこちら

LINEがNFTをマーケットプレイスをローンチ

大手企業のLINEは独自チェーンのLine Blockchain上にNFTの独自マーケットプレイスを4月13日にローンチすることを発表した。

国内のコンテンツ産業などと提携し、同社の暗号資産取引所BitMAXとの連携も進めている。


3月23日

米コインベースが新規2銘柄の上場を発表

米最大手暗号資産取引所コインベースが、以下の銘柄の新規上場を発表した。

  • MINA
  • CRPT

>>オススメ取引所ランキングはこちら

3月22日

バイナンスが新規銘柄の上場を発表

大手暗号資産取引所バイナンスが、以下DeFi銘柄の新規上場を発表した。

  • Biswap(BSW)

>>オススメ取引所ランキングはこちら

3月17日

暗号資産に関する米大統領令、3つの優先事項を補佐官が説明

ネルソン大統領副補佐官は、大統領令により米国がデジタル資産に取り組んでいく上で、重要な分野として次の3つ発表した。

  1. 金融システムの公平性と、金融包摂の推進
  2. 不正な金融行為の抑制
  3. デジタル資産が気候におよぼす影響の理解

▼大統領令一覧

ゼレンスキー大統領が暗号資産合法化法案に署名

ウクライナのゼレンスキー大統領が、暗号資産取引を合法とする法案に署名。

同国において暗号資産の取引が正式に合法となった。

3月14日

ビットバンクがBOBAを上場へ

暗号通貨取引所ビットバンク が、以下の銘柄の新規上場を発表した。

  • ボバネットワーク(BOBA)

取引ペアは以下の2つ。

  • BOBA / JPY
  • BOBA / BTC


>>オススメ取引所ランキングはこちら

エルサルバドルの『ビットコイン債券』近日発行へ

エルサルバドルの財務大臣Alejandro Zelaya氏が、暗号資産ビットコイン(BTC)建の債券を今週にもリリースする準備ができたと発表。

【ビットコイン債権とは】

年率6.5%の10年債で5年間のロックアップ期間があり、BTCが価格が上昇すれば利益の50%が債権の購入者に還元される仕組み。

3月8日

今週中にも暗号資産に関する大統領令が発令

米バイデン政権が暗号資産に関する大統領令(行政命令)を今週中に発令する模様だ。

前後は乱高下にご注意を。

3月7日

Fantom(FTM)関連の開発者Andre氏が全てのプロジェクトを離脱し暴落

Andre Cronje(アンドレ・クロニエ)氏は全てのDeFiと暗号資産での開発から離脱するとしており、2022年4月3日から、25ものブロックチェーン上のアプリとサービスを終了する模様。

この影響を受け、FTMやYFIが暴落した。

▼彼と関係のある主なプロジェクトはこちら

  • Fantom(FTM)
  • Yearn Finance(YFI)
  • Keep3r(KP3R)
  • Curve Finance(CRV)
  • Solidly(SOLID)

この3銘柄は、Bybit(バイビット)で取り扱いしているため、売るタイミングがあればショートするのもありかもしれませんね。

下落時にも利益を出せる大人気な暗号資産取引所 Bybit(バイビット) を開設してチャンスを待ちましょう!

3月4日

スイスの都市ルガーノ市が、BTCやUSDTなどを法定通貨へ

スイスの都市ルガーノ市はビットコイン(BTC)、テザー(USDT)、LVGA(スイスフラン連動のステーブルコイン)の3銘柄を事実上の法定通貨にすることがわかった。

3月3日

コスプレトークン(COT)が国内初上場へ

暗号通貨取引所サクラエクスチェンジが、以下の銘柄の新規上場を発表した。

  • コスプレトークン(COT)

>>オススメ取引所ランキングはこちら

3月29日

Web3.0のウォレット MetaMaskがApple Payに対応へ

NFTなどが保存できる主要暗号資産ウォレット『 MetaMask(メタマスク)』が、モバイル版アプリMetaMask Mobile v4.3.1をリリース。

iOS版アプリでは、Apple Payを使ってを購入することが可能に。

Apple Pay対応のVISA及びマスターカードのデビットカードとクレジットカードが利用可能。

運動系NFTゲーム『STEPN』がBNB決済対応へ

運動することで暗号資産を稼ぐ(Move to Earn)の分散型アプリSTEPNが、アプリ内で暗号資産のBNBに対応する予定を発表。

3月24日

タイの金融当局が暗号資産でのサービスや商品などの決済を実質禁止へ

タイの証券取引委員会が、暗号資産を利用した商品やサービスの決済手段を実質的に禁止する通知を発表。

暗号資産取引に関しては今後も承認するとしている。

ビットフライヤーにXYMが上場へ

暗号資産取引所bitFlyerが、3月24日から『シンボル(XYM)』の付与と販売所でXYMの取り扱い開始することを発表している。

※上場するタイミングは下落する可能性がある(事実売り)ので、ご注意を。


>>オススメ取引所ランキングはこちら

FTXが新規2銘柄の上場を発表

米最大手暗号資産取引所コインベースが、以下の銘柄の新規上場を発表した。

  • Frax Share(FXS)
  • Sperax(SPA)

現在、FTXは日本人の口座開設ができないので、Bybitの口座開設がオススメです。

>>Bybitの口座開設はこちら

>>オススメ取引所ランキングはこちら

LINEがNFTをマーケットプレイスをローンチ

大手企業のLINEは独自チェーンのLine Blockchain上にNFTの独自マーケットプレイスを4月13日にローンチすることを発表した。

国内のコンテンツ産業などと提携し、同社の暗号資産取引所BitMAXとの連携も進めている。


▼短期間で50体以上売れているオススメNFTクリエイターの作品はこちら

※EXILEの関口メンディー氏が保有していたクリプトヤンキーを0.1ETHでリスト(出品)して頂き翌日には即売れするという二次流通も発生しました。

>>OpenSeaで見てみる

>>クリプトヤンキーTwitter

3月23日

米コインベースが新規2銘柄の上場を発表

米最大手暗号資産取引所コインベースが、以下の銘柄の新規上場を発表した。

  • MINA
  • CRPT

>>オススメ取引所ランキングはこちら

3月22日

バイナンスが新規銘柄の上場を発表

大手暗号資産取引所バイナンスが、以下DeFi銘柄の新規上場を発表した。

  • Biswap(BSW)

>>オススメ取引所ランキングはこちら

3月17日

暗号資産に関する米大統領令、3つの優先事項を補佐官が説明

ネルソン大統領副補佐官は、大統領令により米国がデジタル資産に取り組んでいく上で、重要な分野として次の3つ発表した。

  1. 金融システムの公平性と、金融包摂の推進
  2. 不正な金融行為の抑制
  3. デジタル資産が気候におよぼす影響の理解

▼大統領令一覧

ゼレンスキー大統領が暗号資産合法化法案に署名

ウクライナのゼレンスキー大統領が、暗号資産取引を合法とする法案に署名。

同国において暗号資産の取引が正式に合法となった。

3月14日

ビットバンクがBOBAを上場へ

暗号通貨取引所ビットバンク が、以下の銘柄の新規上場を発表した。

  • ボバネットワーク(BOBA)

取引ペアは以下の2つ。

  • BOBA / JPY
  • BOBA / BTC


>>オススメ取引所ランキングはこちら

エルサルバドルの『ビットコイン債券』近日発行へ

エルサルバドルの財務大臣Alejandro Zelaya氏が、暗号資産ビットコイン(BTC)建の債券を今週にもリリースする準備ができたと発表。

【ビットコイン債権とは】

年率6.5%の10年債で5年間のロックアップ期間があり、BTCが価格が上昇すれば利益の50%が債権の購入者に還元される仕組み。

3月8日